ケース別アプローチCase Studies

ケース別アプローチ

自ら「変化」する組織

「変革せよ、変革に迫られる前に」これは故ジャック・ウェルチの言葉です。

情報技術の発展により、私たちを取り巻く環境は大きく様変わりし、
その変化のスピードはますます速くなっています。こうした環境の中でさらに発展するためにも、
組織は「変化を待つ」のではなく、「自らが変化する」ことを求められています。

どのような組織変革のサポートをさせていただいているか、一例を紹介します。

  • 「変化」を創り出す経営チーム開発

    あなたの会社の経営チームは、「変化」をどの程度創り出すことができているだろうか。企業価値の向上にもっとも影響するのは経営チームだが、実は、経営チームを機能させるのは難しいチャレンジだ。

  • 部門を越え「変化」を共創する

    あなたの会社では、それぞれの部門が互いに協力し合い、変化を創り出せているだろうか。自ら変化を創り出す組織の実現には、部門を越えた活発なコミュニケーションが欠かせない。

  • 主体的なリーダーを増やす

    あなたの会社には、社員一人ひとりが主体的に変化を創り出すことのできる環境があるだろうか。社員が主体性を発揮するには、対話が欠かせない。