資料・動画Download

事業部長必読
組織に主体性を生み出した3つの事例

「主体性」という言葉を、リーダーの誰もが口にするようになりました。
迫りくる危機を乗り越えるため、不確実性の高い環境下で成長し続けるため、変革を推進するため、理由は様々です。
このテーマは、課長よりも部長、部長よりも事業部長と、役割が上に上がれば上がるほど切実になり、また難しくなってきます。
それは対象者が増えるとともに、目の前の部下を主体的にするということから、主体的な社員が育つ組織文化にしていくという、より難易度の高いテーマになるからです。

このホワイトペーパーでは、弊社とともにプロジェクトを実施したお客様の事例をもとに、主体性について考える視点とヒントをご提供します。


事例① 「主体性の正体」
・そもそも「主体性」とは何でしょうか?
・あなた自身は、その主体性を本当に発揮できているでしょうか?
最初の事例では、ある事業部長がご自身の主体性について向き合った事例をご紹介します。

事例② 「今、リーダーは何をすべきか?」
・社員の主体的な行動を引き出すために、今リーダーがすべきことは何でしょうか?

コロナの状況の中、リーダーがただ危機感をあおるだけでは、社員の変革に向かう主体的な行動を起こすことはできないと、今多くのリーダーたちが実感しています。
2つ目の事例では、部下の主体性を引き出すリーダーの行動のヒントについて、データを交えながらご紹介します。

事例③ 「「個の集合」と「個のつながり」はどう違うのか」
・リーダー開発と組織開発はどのように繋がっているのでしょうか。
最後の事例では、主体的な組織づくりに挑んだあるお客様の取り組みと、そこから生まれた個の主体性以上の変化についてもご紹介します。


今回、このホワイトペーパーに掲載させていただく3つの事例が、皆様の主体的な組織づくりに少しでもお役に立つことを心より願っております。
また、弊社の取り組みについても、皆様の関心が少しでも高まることがあれば幸いです。

目次
事例①:主体性の正体
事例②:今、リーダーは何をすべきか?
事例③:「個の集合」と「個のつながり」はどう違うのか