資料・動画Download

今、世界では想定さえもしないことが次々と起こり、私たちの日常でも今まで以上にスピーディかつ大胆に 変化・変革が求められています。そんな中、“コラボレイティブなチーム”であることは、 組織のパフォーマンスを上げるための重要な要素のひとつです。

”コラボレイティブなチーム”を実現するための具体的な取り組みとは? そのヒントをリサーチや事例を交えながらご紹介します。


事例① チームの多様性を発揮するために必要なもの
・「多様性」だけでは、うまくいかないのはなぜか?
・「多様性」をプラスに働かせるために必要なものとは?
昨今、組織やチームに「多様性」があることが重視されています。とはいえ、「多様性」はプラスにもマイナスにも作用しうることを実感される方も多いのではないでしょうか。そこで1つ目の事例では、コラボレイティブな関係を築いている経営チームの分析をご紹介しながら、多様な個の集まりがその多様性を活かし、効果的なチームになるためのヒントを探ります。

事例② チームを成功に導くときに忘れがちなもう1つの視点
・チームがうまくいく最適なメンバー数とは?
・機能的な組織を維持するために必要な環境づくりとは?
2つ目の事例では、チームメンバーの「数」に注目してチームの活性化に成功したリーダーが導き出したチームづくりの重要なポイントをご紹介します。チームの大きさを問わず、機能的な組織の維持に重要なのは “あるコミュニケーション" がたくさん起きる環境づくりでした。

事例③ チームの協力関係を最大化する
・効果的なチームを可能にする条件とは?
・全員がリーダーのスタンスで協力関係を築けた3つの要因とは?
3つ目の事例では、あるチームの事例をもとに、「チームメンバーのスタンス」と「協力関係のつくり方」に注目します。誰一人フォロワーのスタンスをとらず、チームの一人ひとりが圧倒的な当事者意識を持つリーダーとして協力し、成果を上げたチームの3つの取り組みについてご紹介します。


このホワイトペーパーが、コラボレイティブなチームづくりに向けた皆様の取り組みに少しでもお役に立つことを心より願っております。さらにお知りになりたいこと、ご不明点などがありましたら、お気軽にお問合せください。

目次
事例① チームの多様性を発揮するために必要なもの
事例② チームを成功に導くときに忘れがちなもう1つの視点
事例③ チームの協力関係を最大化する