SHOT SHOT

DAIBEDialogue Activation for Innovative Business Execution

経営チーム内の関係性の開発を促進し、役員間で創造的な対話が交わされる未来を共創するコラボレイティブな経営チームを創るためのワークショップ

未来を共創する
コラボレイティブな経営チームを創る

経営幹部間に本来の「対話」を生起することで、組織の「サイロ化がブレーク」され、「イノベーションを起こす」ことに繋がる「企業文化」が創られます。
DAIBEは、経営チーム向けの対話のプラットフォームです。
経営チーム内での「対話」を活性化させ、経営チームを起点とした「主体化の連鎖」を、組織に起こします。

DAIBEの概要

DAIBEの概要

会社の望ましい未来たる「企業文化」を創ることに向け、
経営チームの現状、組織と自身のパーパス、お互いの関係性について
経営チーム全員で対話する

経営チーム全員で対話するワークショップと、経営チームの関係性を可視化するアセスメントを組み合わせた約6か月間のプログラムです。 各ワークショップ実施後にはトップとの振り返り面談を実施し、トップの実現したい経営チーム、および、企業文化を創ることを支援します。

DAIBEの流れ

DAIBEの流れ

各ワークショップで主に扱うテーマ

  • 01経営チームと対話

    対話の必要性について理解を深める

  • 02前提とルーティン

    組織にある前提とルーティンを棚卸しする

  • 03DAIBE Assessment

    経営チーム間の今の関係性を知る

  • 04社会化

    自身の会社での社会化のプロセスを振り返る

  • 05プレゼンス

    自身のプレゼンスが関係性に与えている影響を振り返る

  • 06対話する経営チームから対話する組織へ

    コラボレイティブな対話を組織全体に広げるためにできることを考える

DAIBE Assessmentとは

経営チームの関係性を可視化する

組織の経営執行の役割を担う経営チームメンバー間の関係性、リーダーシップ、コミュニケーションの現状を棚卸し、企業価値向上・組織変革に向けた経営チームの何を考えていくのかを考えます。

「経営チーム内のつながりのイメージ」

コラボレイティブな経営チームに向けて、対話が生み出したもの
ワークショップ参加者の声

  • 社長 社長のコメント

    それぞれの目線が各自の分野から、会社全体に対しての目線になっていて、担当事業と関係ないところに気が配られている。一歩踏み込んだというよりも、一歩高まった発言が増えていることが一番の成果だと感じている。
    現場からも「以前よりも経営陣の風通しが良くなった」と多くの声が挙がってきている。現場でも横の連携がどんどん加速していて、大きな変化を感じている。

  • 社長 役員のコメント

    経営チームの目指すべき姿について継続的・集中的に対話していく場の必要性を改めて感じた。「真の経営チームとは」という問いに対して、真摯に対話を続けていくことで、経営チームは進化し続けることができる。

  • 役員 役員のコメント

    突っ込んで話すには、より相手のことを知ることが必要。この時間が「お互いを知る」ための重要な時間になっている。

  • 社長 役員のコメント

    経営チームの現在の立ち位置について、皆がどう思っているかを確認することができて大変良かった。

  • 役員 役員のコメント

    対話の重要性を改めて認識。これまでは、役割分担という名目のもとに、他の役員の領域に対して意見を控えているケースがあったが、それは必ずしも良いことではないと感じた。

参考図書

  • 未来を共創する 経営チームをつくる

    未来を共創する
    経営チームをつくる

    トップマネジメントはチームになっているか?進化しつづける組織の条件とは