資料・動画Download

CSES調査レポート2013

世界14ヶ国332人のコーチングデータを分析し、コーチングの効果を最大化するコーチの行動とコーチングの構造を調査レポートにまとめました。


調査対象
14ヵ国 93人のコーチのエバリュエーション 332 件

目次
1)データの平均結果および傾向
2)具体的な目標設定と現状整理がコーチングの効果をあげる
3)コーチングの時間が長いほど成果が上がるわけではない
4)コーチングの頻度をあげると成果がある
5)電話と対面のコーチングには違いがある
6)経験を重ねたコーチほど、意思決定を相手にゆだねる