資料・動画Download

経営者・事業部長向け
「パーパス」の浸透を実現するリーダーの特徴とは?

経営者・事業部長必読
「パーパス」の浸透を実現するリーダーの特徴とは?

日々変化し続けることを求められ、「変化疲れ」も蔓延する中、リーダーに期待されていること、それが「パーパスの浸透」です。

ですが、そもそも組織において「パーパス」は、具体的に何をもたらすのでしょうか。そして、その浸透に向け、リーダーは日々どのような取り組みができるでしょうか。そのプロセスにおいて、どのようなことを留意すべきでしょうか。

このホワイトペーパーでは、その考察の参考として、弊社の取り組みの中から特徴的な事例とリサーチを3つご紹介します。


事例① 今、リーダーは何をすべきか?
・変革に向かうときに有効な「リーダーの関わり方」とは?
・「パーパス」は組織に何をもたらすのか?
1つ目の事例では、組織変革における「リーダーの関わり」に焦点を当てた2つのリサーチを紹介しながら、「変革」「パーパス」そして「リーダーの関わり」の関連性について考察し、リーダーが直面している課題とそれを乗り越えるの取り組みについて検討します。

事例② ネクストノーマルの世界で変革を持続させる組織をつくる
・組織における「主体化」と「パーパス」の関係性とは?
・「主体化」を促進する「パーパス」の浸透の仕方とは?
2つ目の事例では、「組織のパーパス」と「個人のパーパス」のつながりにより促進される「主体化」に着目し、上司と部下の関係性と組織活性度についてのリサーチをもとに、組織の一人ひとりが「主体化」していくためのヒントを探ります。

事例③ 「小さな物語」が組織を変える
・多様化社会における「パーパス」の意義とは?
・パーパスへの共感を生み出すリーダーの2つの特徴とは?
最後の事例では、多様化社会におけるパーパスの意義に着目し、パーパスへの共感を生む「主体化」を組織内でどのように起こすことができるのか、リサーチをもとに、リーダーのあり方、行動、関わりについて検討します。


今回、このホワイトペーパーに掲載させていただく3つの事例とリサーチが、皆様の組織における「パーパス」の浸透の実現に、少しでもお役に立てることを心より願っております。また、弊社の取り組みについても、皆様の関心が少しでも高まることがあれば幸いです。

目次
事例①:今、リーダーは何をすべきか?
事例②:ネクストノーマルの世界で変革を持続させる組織をつくる
事例③:「小さな物語」が組織を変える