資料・動画Download

経営者・事業部長向け
3つの事例で考える 組織を変えるコミュニケーションとは?

経営者・事業部長必読
3つの事例で考える 組織を変えるコミュニケーションとは?

“コミュニケーションが変わらなければ、人の意識も組織も変わらない”という哲学のもと、コーチ・エィは、クライアントのパートナーとして、組織を変えるコミュニケーションの実現に日々取り組んでいます。

今回は、その中から3つの事例を取り上げ、組織におけるコミュニケーションの重要性を改めて確認しながら、今、リーダーに求められるコミュニケーション能力とその開発に関するヒントについてご紹介します。


事例①今のコミュニケーションが未来につながる
・社員全員で未来を「共創」する組織をつくるために、必要な変化とは?
・なぜコミュニケーションが重要なのか?
1つ目は、「共創する組織づくり」をテーマとするエグゼクティブコーチングの事例をもとに、組織や意識を変えるために、そもそも組織で交わされるコミュニケーションはどういう前提に基づいているものなのか、そして何のためにするものなのか、コミュニケーションの解釈や目的について考えます。

事例②対話する能力
・部下に影響を与える上司の関わり方の特徴とは?
・アイデアと行動が生まれる組織では、具体的に何が話されているのか?
2つ目は、リサーチと事例をもとに、部下に影響を与える上司のコミュニケーションの特徴と、未来を描く対話型組織文化をつくるためのヒントをご紹介しながら、新しい時代のリーダーに求められる能力について検討します。

事例③双方向のコミュニケーションのつくり方
・スキルを学ぶだけでは、コミュニケーションが変わらないのはなぜか?
・双方向のコミュニケーションとは?
・双方向のコミュニケーションを実現するために、必要なこととは?
最後は、ワークショップ参加者の変化とその事例をもとに、コミュニケーションをどのように変えることができるのかを検討するとともに、組織をドライブさせる双方向のコミュニケーションのつくり方をご紹介します。


このホワイトペーパーが、皆様の組織を変えるコミュニケーションの実現に、少しでもお役に立てることを心より願っております。また、弊社の取り組みについても、皆様の関心が少しでも高まることがあれば幸いです。

目次
事例①今のコミュニケーションが未来につながる
事例②対話する能力
事例③双方向のコミュニケーションのつくり方